腰痛は職種で決まる!?絶対知るべき危険因子!

  • X
腰痛は職種で決まる!?

最近、腰が痛いなぁ

何で痛くなっちゃったの?

職業柄、腰痛になりやすくて…

それはつらいね…

なんの仕事だっけ?

自宅警備員!!

それは仕事じゃねえええええ

 上記のやり取りは特殊なケースですが
確かに、腰痛と職種には深い関係があります。

みなさんも、腰痛になりやすそうな職種はなんとなく分かるでしょうか?

 例えば、☟の記事にも記載した在宅ワークは
長時間の座位姿勢により、腰痛を引き起こしやすくなります。

腰痛は家にある〇〇を使うと激減!?意外な効果と使い道!

 同じように、長時間の座位姿勢を伴う職種は
タクシーやバス、トラックの運転手が挙げられます。
これらの職種も同様に腰痛のリスクが上がりそうですよね?

このように業務に起因して生じる腰痛を【職業性腰痛】といいます。 

今回は、この【職業性腰痛】が

  • どういった要素で起こるのか?
  • どうすれば回避できるのか?

を詳しく解説していきます。

それでは一緒に学んでいきましょう!

職業性腰痛の2つの種類

職業性腰痛

【職業性腰痛】は下記の2つの種類に分類されます。

  1. 災害性腰痛:突発的な誘因を伴う
  2. 非災害性腰痛:慢性的な疲労蓄積を誘因とする

 【災害性腰痛】は
急激な運動や急に物を持ち上げた際に起こります。
そのため、きっかけは明確な場合が多いです。

 しかし、
【非災害性腰痛】は
重量物を毎日扱うなどの
慢性的な疲労蓄積によって生じるので
きっかけは不明確である場合が多いです。

職業性腰痛の実態

職業性腰痛の実態

職業性腰痛になるのは
どんな人たちなんだろう?

職業性腰痛患者は,過去に腰痛の既往をもつものが半数以上を占め,看護職,運輸職,近年では介護職を契機に腰痛を発症するケースが多いと報告されている.

腰痛の疫学より

 上記からも分かるように
職業性腰痛は半分以上が、もともと腰痛持ちなんです。

 そして、職種としては
看護職、運輸職、介護職が腰痛を発症しやすいことがわかります。

労働と腰痛には
深く関わりがあるのね…
じゃあ
労働の安全対策はどうなんだろう?

 職業性腰痛においては、労働安全対策の向上により
徐々に災害性腰痛は減少しています。

しかし、業務上疾病の中で
職業性腰痛の発生頻度は最も高いです。

そのため
みなさん一人一人が
職業性腰痛に対しての知識を持ち
備えることが重要となります。

では、みなさんが注意し
できる限り回避すべき危険因子を見ていきましょう!

職業性腰痛の4つの危険因子

 職業性腰痛の危険因子は以下の4つに分類されます。

  1. 作業要因
  2. 環境要因
  3. 心理・社会要因
  4. 個人要因

ん~

なんだかよくわからんなぁ…

 なんだか難しい言葉が並んでいて分かりにくいですよね?
一つずつ詳しく解説していきます。

1.作業要因

作業要因

  1. 力学的負荷:重量物の挙上・運搬(荷役、介護)
  2. 拘束姿勢保持(同一姿勢の長時間拘束):電話交換、OA機器操作
  3. 前屈位作業:土木作業、農業
  4. 急激、不意な力学的要請:物体の移動・運搬(介護、荷役)

 上記のような作業は腰痛のリスクを増大させます。
しかし、避けることが難しい場合は多いかと思います。

 ですので、なるべく
連続する作業時間を少なくしたり
休憩を挟んだりすることを心がける必要があります。

 また、力仕事の場合は腰の負担を減らすために
股関節機能が重要となります。

詳しくは☟の記事をご覧ください。

2.環境要因

環境要因

  

  1. 振動:車両運転、ヘリコプター操縦
  2. 寒冷:保冷庫内・寒冷地の作業
  3. 滑りやすい床・段差での作業:運搬
  4. 狭小な空間での作業:配管、配線、塗装
  5. 緊張持続の作業:重要物把握・運搬・精密作業
  6. 作業管理:現場監督

 なかなか環境を変えるのは難しいかもしれません。

しかし、工夫することでストレスを軽減させることはできます。

 例えば、車両運転の振動であれば
低反発クッションで軽減する可能性があります。

環境要因には、環境のストレスを少しでも緩和させるアイテムを使いましょう。

3.心的要因・社会的要因

心的・社会的要因
  1. 不満足な職業・職種
  2. 職場の不和・不協調
  3. 性格

 仕事への適合性、仕事への満足度、勤務体制といった
職業性ストレスに関連する要素の有無によって
腰痛が慢性化する危険度が高くなると言われています。

また、社会保障の欠如も職業性腰痛の危険因子となります。

 転職も視野に入れながら、
まずは信頼できる人に相談してみましょう。

『私は大丈夫』と過信せず
心のケアを怠らないようにしてください。

4.個人的要因

個人的要因
  1. 年齢:加齢現象
  2. 性:骨粗鬆症、出産、筋力
  3. 体格:身長、肥満度、姿勢
  4. 筋力:体幹筋バランス、四肢筋力
  5. 関節可動性:脊柱、四肢
  6. 構築:著明な側弯、脊柱管狭窄症、椎間関節症、分離/すべり症、多椎間の脊椎症性変化
  7. 既往症、健康状態、遺伝的因子、活動性、生活状況、習慣

 加齢は止めようがないですが
姿勢や筋力などは個人の努力で変わる可能性があります。

 適切な姿勢であれば、普段の生活の中で
筋肉が働くため、著明な筋力低下や変形は起きにくいです。

姿勢については☟の記事をご覧ください。

【隠れ猫背】は意外に多い!?見分け方と改善方法を紹介!

まとめ

 職業性腰痛は4つの項目によって生じることがわかりました。

  • 作業要因
  • 環境要因
  • 心理・社会要因
  • 個人要因

 以上の4つを理解することで、
腰痛の予防や疼痛の軽減が図れます。

 自身の体と心を見直すことで、
心身ともに健康な毎日が送れる可能性が『ぐっ』と上がります。

ブラック企業で
『これが当たり前なんだ』と思い
ひたすらに働いていると
いつのまにか自分の体と心がボロボロになっていくでしょう。

一番に考えるのは自身の健康でありたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

  • X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA